kotoriの育児

1981年生まれ。ワーママ。@岡山(8歳男)(5歳男)(1歳女)を育てながら、ママの役に立つ情報発信を目指しています。

Amazonプライムデーに、ベビーシッターのキッズラインがキター><

まだベビーシッター使ったことない方是非に。岡山にもシッターさんいます!

 

Amazonプライム会員で、キッズラインを利用したことがない方を対象に、キッズラインのサイトでAmazon Payを使って新規会員登録すると、ベビーシッターの無料体験に利用できる最大5000ポイントをもれなくプレゼント!

なんと太っ腹なのでしょう!

kidsline.me

この機会にぜひ、ベビーシッターをあなたの選択肢に加えてください。

 

実母が協力してくれるのに私がベビーシッターをお勧めする理由

 

 1.子ども好きな人に我が子を見てもらえる

 私の母は私同様に子どもがあまり好きではありません。

孫として存在はかわいく思ってもうるさかったり、散らかしたりする姿を見るとこう

f:id:kotorinokosodate:20180717171532p:plain

溜息をつく母を見ると預けて何かできても気持ちが重いのです。

シッターという仕事を選ぶ人はまず子どもが好きです。

泣いても散らかしても「ほうほう。げんきねえ。かしこいねえ。かうわいいねえ」

と愛でてくれます。

ありがたい。

 

 2. 夜間のシッターが可能

母は高齢ですので16時以降はちょっと頼みづらい。

でも夜こそ、宿題フォロー夕食ーお風呂ー歯磨きー寝かしつけー片付けとタスクが多く、助けてほしい。

またPTAの集まりも19時始まりとかあるのです。

 

 3. 自分が普段していることの価値をお金で見れる

日々子どもと過ごしている時間はもちろん幸せなのですが、これを仕事とみなすと、時給1000円超えなのね。私よくやっている。と自分をほめる材料の一つになりました。

もちろん自分のこども自分で育てるの当たり前だし喜びです。プライスレスです。

 

 4.私じゃなきゃダメでないことがわかる

「私がしないと、何もかもしないと」とがちがちに構えていた心が軽くなりました。

助けてもらいながら楽しく育てていいんだよなあって、8年前から思えていたらあんな風に怒りすぎたりつらくなることもなかっただろうなあって思います。

 

 

アマゾンプライムデーは今夜(17日)23:59まで

キッズラインポイントの有効期限は、2018年12月31日の23:59までの決済までに利用可能となります。

f:id:kotorinokosodate:20180717173917j:plain

お母さんになって我慢ばっかの方へ

この機会にぜひ。