kotoriの育児

1981年生まれ。ワーママ。@岡山(8歳男)(5歳男)(1歳女)を育てながら、ママの役に立つ情報発信を目指しています。

セブ島 親子留学 8歳5歳0歳連れブログ。(アイランドホッピング編)

アイランドホッピングにいきました。

f:id:kotorinokosodate:20180903230009j:plain

るるぶとかではすごいおしゃれ素敵にかかれているアクティビティ

 

学校の紹介で25,000円(大人10000 子ども7500)でした

 

行程表

8:00  送迎車ホテルへ着

9:05  マクタンのダイビングショップへ到着

     書類にサイン ブーツをレンタル

9:20 出発

11:00 シュノーケリング

12:00 島でランチ

13:00-15:00 島で泳ぐ(バナナボートなどのオプション可)

15:30 ショップ戻る

16:30 ホテル戻る 

 

 でしたが、今回は貸し切りだったのでだいぶ短縮しました

 

まず

出発するとどこからかココナツと貝殻を売る人が来ました

ココナツ350ペソ

高いのか安いのか不明ですがもう何でもいいです

 

 

f:id:kotorinokosodate:20180908191651j:plain

 

シュノーケリング

サンチュアリという浅いところでシュノーケリングしました。

f:id:kotorinokosodate:20180908191704j:plain

海は初めての子供達

「海の水はしょっぱいし、とても目にしみるから、ゴーグルはちゃんとしよう」

など伝えていましたが、体験したら予想以上だったようで、わーわー大騒ぎでした。

 

波も怖かったようでしたが、

海の男レイモンドが常にお世話をしてくれたおかげでじきに慣れて魚をたくさん見れました

 

 無人島でのランチ

また移動して、ソルパという無人島に上陸しました。

この移動の時、もうタオルが濡れてしまっていて、結構寒かったです。

上着を持参すればよかったと思いました

 

島ではタイミングよく赤ちゃんが寝てくれて、ゆっくり食事ができました。

 

  

船からホワイトサンズにエリアまでは、ごつごつとした岩場だったので、ブーツを借りていてよかったです

f:id:kotorinokosodate:20180908191717j:plain

 あれ?全然きれいじゃないぞ。

 

もっとこういう、

f:id:kotorinokosodate:20180903232425j:plain

 

「あーーーきっれーーーい!!」

ってなるの想像していたのでだいぶがっかりしました

 

ホワイトサンズのエリアはあまり広くなかったです。

あとゴミがとても目立っていました

 

観光客がたくさんで、私たちが帰ろうかという頃に

巨大な韓国人専用のツア―会社の船が大音量で曲をかけながらきました。

f:id:kotorinokosodate:20180908191728j:plain

すごい迫力でした

 

 

バーベキューは島でするのではなくシュノーケリングに船で焼いていました。

結果たべるころには冷め冷め

そして、焼いている人は船長さん

調理師免許とかもちろんないですよね・・。

 

f:id:kotorinokosodate:20180908191736j:plain

 

こんなに黒いのに鳥モモ生焼けでした

f:id:kotorinokosodate:20180908191743j:plain

マンゴーがおいしかったです。

 

 

食べたら泳ぐか写真とるかしかすることなく、

疲れた5歳がぐずりだしたため、1時間早く帰りました。

 

ここからトラブルとがっかりの記録です

ショップで着替えて、シャワーは水しか出ないというのでホテルまで我慢することにして、早く帰りたかったのだけど送迎の車が出かけていていない

30分ほど待って、車が戻ってきたけど呼びに来ない

待ちくたびれて、帰りたい旨伝えると「まだ3時じゃないけどいいのか?」

と言われました。

「島からわざわざ早く帰ってきて、ここで何もしないで過ごしたくない。子供たちにもシャワーを浴びさせたいし早く帰りたい」

と説明して、フーンといった感じで帰ることになりました。

本当、早く声かければよかった。

 してほしいことはくどいくらい伝えましょう。

 

帰りの車がもうすぐ着くというところで、8歳が急に目覚め「酔ったかもしれない」と

 

あわててジップロックを出して、嘔吐をキャッチ。

あー車汚さずに済んでほんとによかったー、と能天気な安心をしていられたのはほんのひと時。

 

部屋に戻るや否や嘔吐、水を飲んでは吐くことが何度も続きました

病院に行くことも嫌がっていたので、前日にもらっていた赤ちゃんの吐き気止め薬を飲ませ、様子見

 

23時ごろ8歳がやっと落ち着いたかと思ったら、今後は5歳が、嘔吐と便もらし

 

部屋中に洗濯ものを干しながら、(あーも―日本に帰りたい)

とすーごく思いました

 

子連れのアクテビティは、食事がどのような状態で出されるのかよーく確認する必要があると学びました

 

まとめ

大変な目にあったけれど5歳も8歳も、海で泳ぐ魚を初めて見れたことや

船で海を高速で走ったことなど

とても楽しかった、と言ってくれたのでありがたかったです。

 

f:id:kotorinokosodate:20180908191836j:plain

またあいたいなーレイモンド。