kotoriの育児

1981年生まれ。ワーママ。@岡山(8歳男)(5歳男)(1歳女)を育てながら、ママの役に立つ情報発信を目指しています。

ユニバースイングリッシュスクールセブのいいところ10個

ユニバースイングリッシュセブを選んだ経過はこちら

フィリピン・セブ親子留学②学校選び - kotoriの育児

 

ユニバースイングリッシュセブの公式HPこちら

セブ島・フィリピンへの英会話留学なら|ユニバースイングリッシュ スクールセブ

 

実際行ってみて、よかったことを紹介します

 

 

1.日本人スタッフがいる

2名の素敵な日本人スタッフがいました。

 

1人目常駐スタッフのしんぐうさん

彼女は到着した日にホテルで待っていてくれました

くたくたヘロヘロの私に代わって

Wi-Fiがつながるか

シャワーのお湯は出るか

貴重品ボックスの使い方はどうか

をてきぱき確認をしてくれました

そしてLineを交換して月曜の予定を説明しさっそうと帰って行かれました。

 

英語ビギナーの私にとって、到着後すぐに日本語でなんでも聞ける状態になったことはとても心強かったです

留学中には

洗濯から水着が戻ってこなくて急に買いに行きたいときにどこに売っていそうか聞いたり、赤ちゃんが体調を崩した際に病院を予約してもらったり本当お世話になりました

 

 

 

2人目はインターンのふるやさん

なんと世界一周をした大学生さんでした。

世界一周をした人に会ったのが初めての私は、すごくうれしくて、旅の話を聞いたり、そもそもなんで世界一周しようと思ったのか聞いたりしていました

グーグルマップの世界地図を見ながら「ここからここはバスで30時間でー」「ここにはマフィアがいてー」といった話を聞いて、世界をグルーーと移動してきてたくさんの経験をしてきたのだなあととても頼もしく、(いや、私の子じゃないけど)素晴らしい若者がいるなあと、勝手にうれしくなりました。

 

古谷さんのご両親は「世界一周に行く」といったときに「行っておいで」と送り出してくれたそうです。

子どものやりたいことを、自分の心配で妨害しない親になりたいなあと思いました。

 

雑談の中で印象に残ったのは「今就職活動をセブにいながらメールやスカイプでしているんだ」というお話

私が新卒で就職した15年前は手書きの履歴書を何枚も書いて、写真を貼って、試験を受けるために電車に乗って、とても手間がかかっていました。

 

就活一つをとっても時代は大きく変わっていて、子どもを自分の経験をもとに育てるって時代遅れでよくないんだなあ。今にアンテナをしっかり立てて生きたいなあと感じた出来事でした

ふるやさんのかいた学校のブログページこちら 写真が素敵

新インターンの古屋です!

 

 

2.コミュニケーションクラスがある

教室の中でテキストで毎日勉強はつらい

子どもも飽きてしまう

毎日午後は楽しいお出かけがあると思うと学校に行くのも楽しみなようでした

コミュニケーションクラスで行った先はこちら

f:id:kotorinokosodate:20180908193619j:plain


 

親バカの私が子ども3人とセブ島に親子留学した結果・・・。(パパキッズ編)

 

親バカの私が子ども3人とセブ島に親子留学した結果・・・。(ショッピングモール編)

 

 

3.学校周辺にお店が多い

学校の前にナショナルブックストアがあり、文房具は日本製品でも手にはいりました。

uniのボールペン75ペソなので日本と値段もそう変わらないと思います。

とは言え普通のペンは10ペソくらいであるので日本製は高級品感ありました。

 

ロビンソンフエンテというデパートが徒歩5分のところにあり、両替、服、食品、おむつ等、昼休みにこどもを学校に預けて買いに行け便利でした

 

 

4.学校周辺にレストランが多い

ファストフード、ラーメン、フィリピン料理など回り切れないほどお店がありました。

8歳が偏食で、給食だと喜んで食べられるものが少ない、という可能性もあったので好きな物を選べて助かりました

 ごはんの記事こちらです

親バカの私が子ども3人とセブ島に親子留学した結果・・・。(食事編

 

f:id:kotorinokosodate:20180908182120j:plain

 

5.先生の質が高い

他と比べようはないのですが、事前にいくつか読んだ留学体験談の中には先生がさぼりがちであるとか、ネガティブなコメントもありました

今回私たち3人の担任をしてくれた先生はもちろん、休憩時間に顔を合わせる先生皆さんフレンドリーで親切で知的で上品でした。

授業も熱心だし、疲れたら雑談を入れてくれたり、赤ちゃんがぐずったら休憩にしてくれたりとよくしてくれました

1人で子ども3人連れて海外滞在を楽しく過ごせたのは先生方のサポートのおかげでした。

f:id:kotorinokosodate:20180908181222j:plain

 

 

6.卒業セレモニーがあったかい

毎週金曜日に卒業セレモニーがありました

生徒のスピーチ

   ↓

先生のコメント

   ↓

卒業証書授与

   ↓

先生から歌のプレゼント

 

これがとてもとてもぐっとくるのです

毎回歌は変わって、忙しいのに練習してくれてるんです

f:id:kotorinokosodate:20180908193838j:plain


 

7.ホームステイプログラムがある

ホームステイプログラムなら子どもだけでも行けます

行きたがるかは謎ですが

 

 

8.親子留学の生徒さんがたくさんいる

子ども同士一緒にレッスンができたり、休憩時間におしゃべりしたり楽しそうでした

子どもが少ないと子どもの立てる音が気になってしまうと思ったので、

ワイワイしていて気楽でした

 

また親子留学3回目のママさんがいて、

「おむつ替えはここでしたらいいよ」、とか

「お菓子はこれがおいしいよ」色々親切に教えてもらえました。

 

あと、自分の娘さんとそのお友達2人連れてきているママさんもおられました。

バタバタしてあまり交流できなかったですが、

すごいママさんたくさんいるなあと元気づけられました。

 

 

9.日本語通訳してくれる病院と提携している

赤ちゃんの食あたりで受診をしました

病院の予約は学校からとってもらえた

病院までタクシー10分ととても近い。

先生も同行してくれた

とてもとても心強かったです

 

f:id:kotorinokosodate:20180908193858j:plain

 

 

10.オプショナルツアーが充実

ボホール島ツアー アイランドホッピング ジンベイザメツアーなどなどたくさんのツアーがあります

 

留学しつつ週末はしっかり観光も楽しめます

また、混雑しない平日にツアーに行き、土曜日にレッスンということも可能でした

ツアー代を払えば先生も同行してもらえます。

 

f:id:kotorinokosodate:20180908193907j:plain

 

 

日本からセブまでの移動はちょっと大変でしたが、

着いてしまえばたくさん助けてもらえて楽しい日々でした

 

 

参考になればうれしいです